≫≫セルフホワイトニングキット おすすめ4選はこちら

オフィスホワイトニングのメリットとデメリット、徹底的に解説します!

ホワイトニング注意点

 

こんにちは!

歯科衛生士のKIRAKOです。

 

ホワイトニングといえば、代表的なものとして、

 

・歯科医院で専門家のもとでおこなうオフィスホワイトニング
・大半の手順を患者さん本人がおこなうホームホワイトニング
・専門家がいない店舗や自宅で、自分でおこなうセルフホワイトニング

 

の3種類が思い浮かびますが、もしもあなたがホワイトニングを経験するのなら、どのホワイトニングを受けますか?

受けたい!と感じるホワイトニングは3つの中でどのホワイトニングでしょうか?

 

実は、この3種類のホワイトニング、

 

・興味はあるものの違いがわからない

・受けてみたいけれどそれぞれの利点欠点がわからないから選びようがない

 

と言う意見が多く寄せられています。

 

そこで今回はホワイトニングのメリットデメリットシリーズ第一弾として、現役歯科衛生士のKIRAKOが、オフィスホワイトニングのメリットとデメリットについてをまとめました。

 

あなたがホワイトニングを受けるときにどの施術を希望するのか、選ぶときの参考になれば嬉しく思います。

ホームホワイトニングとセルフホワイトニングについては、今後更新していきますね。

 

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの手順の違いはこちらの記事で解説していますので、併せてご覧ください。

 

・オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングとは、歯科医師や歯科衛生士のもとでおこなわれる施術方法のこと。

歯科医院でできるというだけあって効果が高そうなイメージがありますが、実際のところはどうでしょうか。

 

メリットから見ていきましょう。

 

1.確実なホワイトニング

 

オフィスホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士の管理の下で施術を受けます。

保険の効かないオフィスホワイトニングを受けるからには、歯を確実に白くしたいですよね。

 

オフィスホワイトニングで使用するホワイトニング剤は、約20~35%の過酸化水素水や過酸化尿素を使用するのが一般的。

これらの薬剤は、国家資格を持つ歯科医師しか使用することはできません。

 

有資格者の歯科医師以外は使えない

無知な状態で使うと、危険を伴う強い薬

 

ということは、オフィスホワイトニングは強めのお薬を使用して施術するため、高いホワイトニング効果が期待できます。

 

「本当に、白くなるの?」

という疑問や不安がある方でも、安心して受けることができるホワイトニングなのです。

 

 

2.少ない来院で効果を実感できる

 

オフィスホワイトニングは効果が早く出る人だと、たった1回の施術で効果を実感できるホワイトニング。

もちろん、人によって歯の色の濃さや歯の質は違いますので、効果の出方も様々です。

 

しかし、多く通う方でも3回程度の通院で、歯の白さを感じることができますよ。

 

「何度も何度も通うのはめんどくさいなぁ…」

 

と思いがちな歯医者ですが、オフィスホワイトニングは、あなたが想像しているよりもうんと簡単に済む施術法でしょう。

 

3.歯科医院におまかせなので安心できる

 

何度もホワイトニングの経験がある方は、ある程度のホワイトニングの要領がおわかりかと思いますが、未経験の方は特に、ホワイトニングデビューって不安なもの。

自分でホワイトニングの材料を使って、うまくホワイトニングができるのか…心配ですよね。

 

その点で考えてもオフィスホワイトニングは、プロの知識を持った歯科医師か歯科衛生士が最初から最後まで施術します。

 

・心配や不安を取り除いてくれる
・虫歯や歯茎のチェックもしてくれる

 

ホワイトニング剤は、虫歯の部分に塗布するとしみて痛むことがありますので、専門家の目で確認してもらいながら薬剤を使うオフィスホワイトニングは、自分で薬剤を使ってホワイトニングするよりは安心できますね。

 

4.歯がしみても、すぐに対応してくれる

 

”専門家の目で確認してもらいながら薬剤を使うオフィスホワイトニングは、自分でするよりは安心できる”

確かにそうなんですが、

とは言え、あくまでも強いお薬を使うのがオフィスホワイトニング。

歯の表面に、目に見えないほどの薄いヒビがあったり、小さな虫歯があった場合には、薬剤が歯にしみてしまうこともあります。

 

しかし、そんなときにも慌てることはありません。

しみたときには、施術をしてくれている歯科医師か歯科衛生士にすぐに伝えましょう。

 

施術をしているその場で的確な対処をしてくれて、気持ちを落ち着かせてくれます。

 

歯科医師や歯科衛生士のもとで施術をおこなうオフィスホワイトニングは、専門家の管理によるものということで安心はできますが、それでもやっぱり、デメリットも付き物。

 

・オフィスホワイトニングのデメリット

 

歯科医院で安心しながらできるホワイトニング、それゆえに感じる不便さもあるのは事実ですね。

 

1.施術時間(チェアタイム)が長い

 

オフィスホワイトニングのメリットでもありましたが、来院回数は少ない人だと1回で済みます。

しかし来院回数という負担が少ない分、1回の施術にかかる時間が長くなるのが玉にキズです。

 

オフィスホワイトニングを受ける際、歯科医院にもよりますが施術にかかる時間は1回の受診で60~90分が目安です。

もちろんその間は何もできないので、歯医者の治療台に寝たままで施術が終わるのを待ちます。

(光の照射をするため目を保護しているので、雑誌やスマホを見ることもできません。)

 

ただただホワイトニングが終わるのを待つのみなので、ずっと歯医者の治療台に寝ているのが苦手な方は60~90分と言う時間が苦痛に感じる時間になるかもしれませんね。

 

2.歯がしみやすい

 

オフィスホワイトニングのメリットでもありましたが、オフィスホワイトニングは確実なホワイトニング効果を期待できます。

使用する薬剤は、ホームホワイトニングやセルフホワイトニングよりも強いお薬を使っているため、歯がしみてくることがあります。

 

しみてくると心配になるかもしれませんが、この知覚過敏のほとんどが一時的なもの。

あまりにも大きな虫歯がある場合などは、神経に影響することもありますので注意が必要ですが、オフィスホワイトニングではそういったリスクもしっかり確認しながら施術してもらえるので、多少しみても心配はいりません。

 

3.費用がかかる

 

現在の日本では、ホワイトニングは保険適用外のものになっています。

比較的安価にできるセルフホワイトニングとは違い、数千円では施術はできない歯科医院がほとんどです。

 

詳しい費用はまた別記事にまとめますが、決して安くはない金額なのでお財布と相談して施術を決めてもいいかと思います。

 

ただ、保険適用外ということで自費診療になるので、オフィスホワイトニングの価格設定も医院によってさまざま。

 

事前に電話などで問い合わせて、費用を確認しておくと安心ですね。

 

 

4.歯医者の選び方にもよる

 

現在、ホワイトニングを受けられる歯医者は全国に急増しています。

それほどホワイトニングが一般的になりつつあり、人気があるということなのですが、それにともなって選ぶ歯科医院の選択肢も増えます。

 

一生懸命にホワイトニングを施術してくれる歯科医師や歯科衛生士のほうが圧倒的に多いのですが、中には仕事に対して無責任な医院があるのも事実。

 

・質問したことに対して答えてくれない
・そっけない
・価格設定が不透明(費用について詳しく教えてくれない)
・施術が雑
・痛みを訴えてもとりもってくれない

 

など、少しでも不安なことがあれば転院を考えたり、口コミをよく調べるなどして、あなた自身が納得のいくオフィスホワイトニングを安心して受けてくださいね。

 

 

・オフィスホワイトニングのメリットとデメリットまとめ

 

今回は、歯科衛生士のKIRAKOがオフィスホワイトニングのメリットとデメリットについてを解説しました。

 

オフィスホワイトニングのメリット
1.確実なホワイトニング
2.少ない来院で効果を実感できる
3.歯科医院におまかせなので安心できる
4.歯がしみても、すぐに対応してくれる

 

オフィスホワイトニングのデメリット
1.施術時間(チェアタイム)が長い

2.歯がしみやすい
3.費用がかかる
4.歯医者の選び方にもよる

 

オフィスホワイトニングを考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

 

ホワイトニングを受ける前に済ませておきたいことは、こちらの記事にまとめています。

 

 

コメント